menu

Raewyn - ショップカードを制作する

ショップカードを制作する

「店を繁盛させる方法」は色々です。
商品を充実させる・サービスを徹底する・お客様第一主義を貫き通すなど、1つ1つ挙げるときりがありません。
中でも確実で手っ取り早い方法が、PRをすることでしょう。
PR方法には色々ありますが、確実にお客様にアピールするのなら、ショップカードがおすすめです。

▼ 目次

ショップカードのメリットとは

「ショップカード」という言葉に聞き慣れなくても、おそらく1回は目にしたことがある筈です。
例えばカフェでコーヒーを飲んでいる時、レジ近くにカードが積まれているのを見たことがないでしょうか。
サロンに行けば、受付付近やカット台にショップカードが置かれているのをよく見ます。
およそ名刺サイズの大きさで、カードには店に関するありとあらゆる情報が記載されています。
名刺サイズになっているので、財布に入れてもかさばることはありません。
店の印象を強くするために役立つのが、ショップカードなのです。

ショップカードを作成するメリットは、お客様が店に来やすくなることです。
一度来た店は、残念ながらほとんど記憶に残りません。
飲食店か雑貨店ぐらいかは何となく記憶しているものの、何を売っていたのかまでは覚えていないものです。
何を売っていないのか忘れているぐらいならまだしも、下手をすれば店の名前すらも覚えていないこともあります。
当然ですが、場所すらも覚えていません。
行きたくて仕方ない店であるにも関わらず、場所が分からないとなると来店は不可能です。
来店できない人が1人や2人ならばまだしも、100人1000人となると大きな機会損失です。

では、店の情報が書かれているショップカードが手元にあればどうでしょうか。
住所がわかれば、住所を手がかりに店を探すことができます。
電話番号があれば、電話して問い合わせることもできるでしょう。
上手く行けばショップカードがきっかけとなり、新規顧客開拓にも繋がります。

ショップカード 制作 についてはこちら

 

ショップカードを販促につなげるには

ではショップカードで、どうやって販促につなげれば良いのでしょうか。
簡単な方法としては、レジに置いて「ご自由にお持ち下さい」の体を取ることです。
ショップカードを置いている店のほとんどは、「ご自由にお持ち下さい」の形にしていることでしょう。
しかし本当に自由に持ち帰る人は、極わずかです。
販促に繋がらず、ショップカードの意味をなしません。

ショップカードは、できるなら来店したお客様全員に渡すようにしたい所です。
だからレジ付近だけでなく、店の到るところに配置するようにしましょう。
飲食店であれば、各テーブルに1枚・雑貨店ならば商品棚にも置くようにします。
商品棚にショップカードを置いておけば、商品を購入しないお客様の目にも届きます。
今は購入しないお客様でも、2回目のご来店時に購入されるかもしれません。
小さいことですが、小さいことの積み重ねが利益になります。

ショップカードを自分の手で作るには

ショップカードは、自分達の手で作ることができます。
お手元のパソコンに画像処理ソフトがあれば、ゼロから自分達で作ることができます。
出来上がったショップカードを名刺サイズにプリントアウトすれば、完成です。
「ショップカードのデザインが出来ない」というのなら、テンプレートを使うのがおすすめです。
ネット上にはショップカードに使えるテンプレートが、数多く公開されています。
有料としているサイトがあるのも事実ですが、無料でダウンロードできるサイトも少なくありません。
ダウンロードしたテンプレートに必要事項を明記し、名刺サイズにプリントアウトするだけです。

しかしショップカードは、店の看板そのものです。
ショップカードの販促力は凄まじく、利益を倍増させる力があります。
ただし利益を呼び寄せてくれるショップカードの条件は、クオリティの高さです。
クオリティが低いショップカードを配ってしまうと、店そのものもクオリティが低いとおもわれてしまいがちです。
「クオリティが高いショップカードぐらい簡単に作れる」と、自信に満ちあふれている方もいらっしゃるでしょう。
しかしデザインは想像以上に奥深く、残念ながら素人知識でどうにかできるものではないのです。

ショップカードを制作するのなら、印刷会社や名刺作成会社に頼むのが1番です。
作成を手がけるのはプロのクリエイターで、仕上がりは確かです。
店の情報を伝えておけば、店のイメージに合うショップカードを作ってくれます。
ただネックになるのが、コストです。
プロにショップカード作成を依頼すると、コストはどうしてもかかってしまいます。
でもクオリティが高いショップカードを手にできれば、制作にかかったコストはすぐに回収できるでしょう。

ショップのPR方法はさまざま

店をPRする方法は様々で、ネット上で宣伝する店も増えてきました。
でも時代が変わっても、アナログでの宣伝方法は今でも効果があります。
アナログ宣伝で最も効果的な方法が、ショップカードです。
もし店の利益が上がらないと悩んでいるのなら、ショップカード導入を考えてみてはいかがでしょうか。